4次元の人のオーラの色とその特徴

トップページ > アセンションした人のオーラはどんな色なのか > 4次元の人のオーラの色とその特徴

4次元の人のオーラはどんな色?

緑と水色がオーラであるとされている4次元は、自分と他人は別であるという感覚がある段階です。3次元のように強い執着がある段階から解放された4次元は、愛情や思いやりをテーマとして柔らかな色のオーラを発します。
しかし、平等な気持ちや思うように他人と共感できないことが多いのがストレスとなって、長く苦しむ可能性があるでしょう。
しかし、 それらの考えも、自分と他人が別のものであると理解しているからであって、無理な共感を栄養とするアピールをして疲れてしまう心配はありません。

4次元の人は3次元の人のように他人を自分が思うままに動かそうとする考えはなく、自分と他人が違うことを理解しながらも、上手く分かり合えないことに苛立つことが増えるでしょう。
しかし、それらの考えも水色と緑のオーラによって、少しずつ心が冷静になる時が増えるはずです。
どうしても自分の考えや主張を最優先にしたくなる気持ちは、誰もが思っていてもかなわない欲望でしょう。
4次元の段階は3次元の時よりも前進していることは確かですが、まだ自分自身を見つめ直す時間が必要です。