バシャール式メソッドでアセンションへ近づく

トップページ > バシャール式メソッドでアセンションへ近づく

パシャールはデトックスできる食事方法

1日3食というのが一般的になっている食事方法ですが、パシャールの考えでは1日5回以上に分けて食べることを推奨しています。
体への負担をできる限り少なくすることで、体内に溜まった毒素を排泄しやすくします。
食事と食事の間隔が開きすぎてしまう1日3食の食事ではなく、1日5回以上に細かく振り分けることで、空腹感によって反動で食べ過ぎてしまわないように工夫ができるのがパシャールのメソッドです。このやり方をすることで、アセンションに近づくことが可能となります。

食事の回数も大切なパシャールですが、水分補給も重要とされています。水分をしっかり摂取しますと、空腹感を回避することができるだけでなく、尿が出やすくなるため体に溜まった老廃物が自然と排泄されるでしょう。
どんな薬やサプリメントよりも効果的で、効率良くパシャール式を取り入れて、アセンションへ一歩近づけます。食事の仕方によって体の調子に大きな変化を与えられますので、今の食事スタイルが自分に適しているのか、この機会に考えてみるのも良いでしょう。

断食をすることでパシャールメソッドを極めよう

断食と聞きますと危険性が高い無理なダイエットのイメージですが、パシャール式のメソッドでは、年に数回行うことをすすめています。
内臓への負担を軽減してアセンションへ近づけるだけでなく、免疫力を高めて外的から身を守ることが可能になります。
全く食べない断食ではなく、中には野菜や果物に水分補給を加えて断食する方法もあります。体調が良くなることで、パシャールメソッドを極めてアセンションへ近づくことできるでしょう。基本的には、無理のない範囲で行うのが理想です。

パシャール式を取り入れますと、体が軽くなることで心も軽くなりますので、アセンションを受け入れる体制が常時整うことになります。
たかが食事の回数くらいで…と甘く考えられてしまいますが、毎日当たり前のように行っている食生活に少し気を配ることで、パシャール式によって心身共に健康に近付けます。
内容だけでなく回数を細かくするほか、時には1日断食を行って内臓の働きをリセットするのがおすすめです。

パシャール式はアセンションに近づく第一歩です

必要以上に食事をせずに最低限の栄養でしっかり生活できるようになるのが理想的なパシャールですが、初めは空腹を感じて苦労をするかもしれません。しかし、体の中が軽くなったような感覚が快感となって、徐々に胃袋も小さくなります。
不要な栄養を溜め込んで必要な情報が入手できないのであれば、アセンションへ近づくことが難しく感じてしまいます。部屋やカバンの中に荷物が沢山ある状態ですと、思うように必要なものが探せない時があります。人の体も同じで、アセンションのためにはパシャール式を取り入れて、いつでも身軽に行動できるフットワークの柔軟性が大切です。

習慣化することで特別な行動ではなくなる断食や食事の回数を増やすことは、自分に合ったやり方を見つけて取り組むのが理想的です。
そのためには、様々な情報を仕入れてパシャール式の良さを理解しておくと良いでしょう。
アセンションは大きな変化がある現象ですので、自分自身が上手に受け入れる環境を準備するのがポイントとなります。しかし、それらも普段からパシャール式を取り入れていますと、スムーズにアセンションが実現します。