アセンション症状は進化のサイン

トップページ > アセンション症状は進化のサイン

アセンションには前触れとなる症状があります

変化となるアセンションが起こる前には、事前に体に症状が出ます。
しかしこれは特別なことではなく、大きな変化があるアセンションの場合には多くの人が経験しています。
自分でその前触れを理解しておきますと、変化するアセンションに上手く対応できるでしょう。例えば、めまいや頭痛などの症状ができることが多く、今まで元気に過ごしていたにもかかわらず、アセンションの影響が急に体に出ることがあります。この症状には個人差がありますので、全ての人が同じように感じるとは限りません。

大きな変化の前兆となることから、体に出る影響が大きいですが、決して悪いことでもマイナスなことでもありません。また長く続くわけではない症状が多く、体に出るサインとして対応するのが良いでしょう。
アセンションを自然に受け入れられるようにするには、いつどんな時に症状が出ても、焦らずに接することができるかが大きな鍵です。
変化が起こる前触れとなることから、気になる症状が出た場合には、その後自分に何か大きな変化が起こることを心掛けておくと安心です。

症状が出る意味を理解しておこう

アセンションの時に症状として変化が出るということは、事前に知らせなければいけないという目に見えないパワーの力が働いています。自分ではどうすることもできない状況ですが、急な変化では驚いてしまいますので、アセンション前には自然と症状が出ます。
この症状をきっかけにして、自分で受け入れる体制を整える準備期間が設けられます。この準備をきちんとできる落ち着いた精神を持っている人は、アセンション事態にも前触れである症状にも敏感に反応できるでしょう。

変わることは上昇することという概念があるアセンションでは、変化することをマイナスに捉えていません。むしろ良いことであると歓迎するスタイルが構築されていて、違う自分と出会うきっかけを増やしてくれています。
従来の自分と新しい自分を交互に体験できるアセンションは、今まで興味があっても躊躇していた分野に挑戦する勇気が出るなど、生き方そのものにも変化が生まれます。前触れとなる症状を恐れることなく、次のステップへと進む良い機会であると考えて対応しましょう。

アセンションの時に出る様々な症状とは

個人によって差があるとされているアセンションの際に出る症状ですが、一つには大きな脱力感ややる気のなさがあります。今までスムーズにできたことができなくなるだけでなく、体がだるくて重たい感じになるのが特徴です。普段アクティブに動く人にとっては、自分が自分でないような感覚に見舞われてしまうので、苦しい思いをするでしょう。
しかし、これはアセンションの変化によって、その後忙しいスケジュールになることを予兆していて、ゆっくり休む時間を与えてくれています。アセンションの症状であると理解していませんと、このまま一生動けなくなくってしまうような感覚になります。

自分が自分でないような感覚として、アセンションの症状には不安感もあります。何か分からないけれど気分が晴れない状態が続きますので、真面目で頑張り屋である人の場合には、思うように動けない自分に苛立ちを覚えるでしょう。しかし、そのような気持ちこそが次へのステップとしての症状で、これまで抱えていた色々な状況を一度取り除く効果があります。
アセンションの症状には全て意味がありますので、良く理解しておきましょう。